プラットフォームとコンプライアンス対応

Securitizeのプラットフォームはデジタル証券を発行する世界中の企業から信頼を得ています。その理由をご紹介いたします。

Securitizeソリューション

法令に準拠した取引を実現

Securitizeは複数のブロックチェーンおよび提携する取引所において、デジタル証券の取引を法令に準拠した形で実現しています。

株式・ファンド・債券・不動産

当社のお客様は、株式、ベンチャーファンド、債券、不動産などをトークン化しています。 これらの資産クラスを表すトークンは、Se­cu­ri­tizeプラットフォームを利用して管理されています。

フル機能

Secu­ri­tizeのプラットフォームはお客様と一体となり開発を続けています。 現行のバージョン3.0では、パブリックブロックチェーンとパーミッション型(許可型)ブロックチェーンの両方をサポートしています。

デジタル証券発行プラットフォーム

Securitizeプラットフォームは、デジタル証券のための実績あるフルスタック技術ソリューションです。 すべての機能はお客様のニーズに基づいて開発されており、必要な機能を備えた最高のソリューションです。

機能・特徴

コンプライアンス技術

当社のデジタル証券プロトコル(DSプロトコル)は当社の重要な独自技術です。 DSプロトコルは、米国の代替取引システム(ATS)のような流通市場、および他の多くのグローバルな証券取引所とマーケットプレイスにおいて法律に準拠したトークンの取引を可能にします。

DSプロトコルがサポートしているATSと流通市場

Ds Partner Tzero
Sharespost Exchange 01
Bank to the future
Ds Partner Openfinance

当ウェブサイトはSecuritize, Inc.(以下、Securitize)によって運営されています。Securitizeは金融商品取引業のライセンスを保有していません。 Securitizeは、デジタル証券に関する投資アドバイス、承認、分析、または推奨事項を提供しません。 Securitizeの技術を活用したすべてのデジタル証券及び関連するすべての情報は、当該デジタル証券の発行者が責任を負います。 Securitize、その役員、取締役、代理人、および従業員も、Securitizeのテクノロジーを活用したデジタル証券に関して、いかなる推奨または保証も行いません。 このウェブサイト上で提示されるいかなる情報も、デジタル証券の提供、配布または勧誘と解釈されるべきではありません。 Securitizeはデジタル証券に関連する保管サービスを提供いたしません。