Securitize Logo

不動産事業者向けソリューション

不特法クラウドファンディング事業をスピーディに立ち上げ、出資持分をセキュリティトークン化するサービスを提供

Securitizeでスピーディにクラファンを立ち上げる

不特法クラウドファンディング事業のスピーディな立ち上げから、セキュリティートークンを活用したセカンダリ譲渡まで対応。事業の立ち上げに必要な機能は揃っています。

SaaS型不特法クラウドファンディングプラットフォーム

  • 低コスト・短期間での導入が可能
  • ファンドの募集から償還まで全プロセスをカバー
  • 様々な外部サービス・機能との連携をサポート
  • 出資持分のトークン化が可能
  • 2021年10月より提供開始予定

詳しく聞く

不特法ライセンスの取得をサポート

Securitizeと業務提携している株式会社LIFULLが不特法ライセンスの取得を含めたトータルサポートを提供。Securitizeがシステム部分をサポートいたします。

詳しくはこちら

動画で学ぶ

Securitize Japanと共同で本ソリューションを提供する株式会社LIFULL、ブロックチェーングループの松坂維大氏をお招きし、『不動産投資 x セキュリティトークンの可能性とは』というテーマでディスカッションを実施しました。

不動産投資の課題やセキュリティトークン導入のメリット、本スキームの導入の流れまでカバーする内容となっております。

動画を見る

お気軽にご相談ください

01/27/2020

証券業界におけるデジタル化の未来(英語)

ダウンロード(無料)

06/15/2020

調査レポート『不動産市場を再考する』

ダウンロード(無料)

当サイトは株式会社Securitize (以下「Securitize」といいます) が運営しており、登録証券会社ではありません。Securitizeは、デジタル証券に関する投資アドバイス、保証、分析、推薦を行うものではありません。Securitize の技術によって提供されるすべてのデジタル証券は、該当するデジタル証券の発行者によって提供されており、それに関連するすべての情報は、該当する発行者が責任を負うものとします。Securitizeおよびその役員、取締役、代理人および従業員のいずれも、Securitizeの技術を利用したデジタル証券について、いかなる推奨または保証を行うものではありません。本ウェブサイトのいかなる内容も、デジタル証券の提供、配布または勧誘と解釈されるべきではありません。Securitizeは、Securitizeの技術を利用したデジタル証券に関連して、カストディサービスを提供するものではありません。