English
Securitize Background Image JP

セキュリティトークンの発行・管理のための、高い信頼性を誇るグローバルソリューション

資金調達や不動産事業に、セキュリティトークンをどのように活用できるかご紹介いたします。

パートナーとの連携とデジタル証券の技術を通じて、お客様の資金調達をサポートします。

セキュリティトークンの利点

セキュリティトークンの利用で、コストと時間を抑えつつ、法令に準拠した証券を発行できます。また、投資家にも良い取引環境を提供できます。

コンプライアンス

コンプライアンス

法規制に準拠した方法でグローバルな資金にアクセス

流動性

流動性

素早い譲渡と分割所有による付加価値

効率化

効率化

仲介を無くし、時間とコストを削減

お客様の声

“Secu­ri­tize プラットフォームと DS プロトコルを利用することで、弊社のトークンが常にコンプライアンスに準拠しつつ、移行性や、世界最高の市場や取引所で取引される状態を維持できます。”

— Bradford W. Stevens | BCAP CEO

Securitize での取り組み

Securitize のプラットフォームと DSプロトコルは、パブリックブロックチェーンとパーミッション型ブロックチェーンの両方に対応し、セキュリティトークンの発行および管理における業界のリーダーです。セキュリティトークンの分野において当社ほど実績が豊富なプラットフォームやプロトコルは他にはありません。

Securitize プラットフォームが実現させたデジタル証券

取引可否確認ツールのご紹介 ベータ版

取引可否確認ツールを使用すると、誰でもDSプロトコルを搭載したデジタル証券の取引可否を事前に確認することができます。必要なのは、取引に関係するウォレットアドレスだけです。無料で簡単に確認にご利用いただけます。

Try our Pre-Trade Tool

Securitize製品の特徴

徹底したコンプライアンス

Securitizeは複数のブロックチェーンおよび提携する取引所において、デジタル証券の取引を法令に準拠した形で実現しています。

株式、ファンド、不動産に対応

当社のお客様は、株式、ベンチャーファンド、債券、不動産などをトークン化しています。 これらの資産クラスを表すトークンは、Se­cu­ri­tizeプラットフォームで管理できます。

完全な機能を備えたプラットフォーム

Secu­ri­tize のプラットフォームは、顧客中心に開発が続けられています。バージョン 3.0 では、パブリック型ブロックチェーンと許可型ブロックチェーンの両方をサポートしています。

Securitize の発行プラットフォーム

Secu­ri­tize は、デジタル証券発行者のための、複数の機能を備えた実績のある技術プラットフォームです。すべての機能はお客様のニーズに基づいて開発されており、必要な機能を備えた最高のソリューションです。

Securitize のコンプライアンス技術

Securitize の技術の最も重要でユニークな点の 1 つは、デジタル証券プロトコル(DS プロトコル)です。DS プロトコルによって、 アメリカの代替取引システム(ATS)などの二次市場や、その他の多くのグローバルな証券取引所と市場で、法規制に準拠するトークンの取引が可能になります。

メディア掲載

デモを見る

当ウェブサイトはSecuritize, Inc.(以下、Securitize)によって運営されています。Securitizeは金融商品取引業のライセンスを保有していません。 Securitizeは、デジタル証券に関する投資アドバイス、承認、分析、または推奨事項を提供しません。 Securitizeの技術を活用したすべてのデジタル証券及び関連するすべての情報は、当該デジタル証券の発行者が責任を負います。 Securitize、その役員、取締役、代理人、および従業員も、Securitizeのテクノロジーを活用したデジタル証券に関して、いかなる推奨または保証も行いません。 このウェブサイト上で提示されるいかなる情報も、デジタル証券の提供、配布または勧誘と解釈されるべきではありません。 Securitizeはデジタル証券に関連する保管サービスを提供いたしません。